FC2ブログ

ディール

ここでは、ディール に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディール
水壬 楓子
価格:¥ 898 (Book)
(参考価格:¥ 898)
発売日:
おすすめ度 ★★★★★
売り上げランキング:19360


★★★★★ 2004-10-06 水壬さんの最高傑作
当たり外れが激しいBL小説の中、今まで水壬さんが書かれたもので外れは私の中ではありません。どの作品を読んでも面白いですが、特に「エスコート」シリーズは群を抜いて面白いです。

物語は、人材派遣会社「エスコート」で秘書を努める19歳の律と、トップガードの延清は、同じ部屋で暮らしていて、数え切れないほど肌をかさねていても、二人の関係は「恋人」ではなく延清が律の「飼い主」。
 出会いは、見知らぬ男たちに乱暴されかけていた律を気まぐれに助けた延清は取引材料として律の身体を要求したことから始まります。

物語的には「痛い系」に入るかもしれませんが、「痛い系」が苦手な私が夢中になって読みました。義理の父と兄から性的虐待を受けていた律が実母から肉体的虐待を受け、心と身体に数え切れないほどの傷を負い、人を愛するという感情が理解できない延清に「教えてあげるよ。あなたはぼくを愛してる」と言います。
 そして律を「愛している」という自分の気持ちに気づかずに、「愛」という感情に戸惑う延清は、もう!乙女心鷲掴みっっです。
 律が教えてあげるといった答えがわかるまで律がそばにいてくれるなら一生その答えをわからなくてもいい、と延清が思うシーンはちょと涙がでました。それが「愛」なんだよ、と教えてあげたい(涙)
 傷を舐めあい、慰めあう二人ではなく、お互いの傷を確かめ合い、その傷こそが自分達であり、癒すのではなく、傷ごと包み込むような二人の愛し合い方は、穏やかであり激しくもあり、まだ痛々しいほどです。
 「エスコート」シリーズの中で一番人気のあったお話、思わず納得です。
勿論、ほかのお話もとても面白いです。2005年には4冊目が出ます。まだまだ終わらないこのシリーズ、早めに読んでおかないとっ!! 

★★★★★ 2004-04-16 まんぞくvv
同じリンクスロマンスから出ている「エスコート」の続編です。
ただ、毎回メインの二人が変わっていく作品なので
この本から読んでも、全く問題はないと思います。

エスコートという人材派遣会社に秘書として働く19歳の律と
ボディーガード部門のトップ・ガードである延清のお話。
人気のない公園で見知らぬ男たちに襲われた律を

通りがかった延清が、身体を取引条件に助けた事から二人の関係は始まります。

最初にこの設定を見たときは、正直びっくりしましたが
二人それぞれに、生い立ちに暗い事情があって
そのあたりに焦点を置いて話が進んでいくので、あまり気にはなりませんでした。
お互いに確実に惹かれているはずなのに

生い立ちのせいで愛情を認識できない延清と、律の二人が
ゆっくりとステップアップしていく姿が素敵です。

作品自体はわりとテンポよく進んでいくので、サクサク読めます。
かなりお勧めの作品なので、是非読んでみてください。

>>もっと詳しく見る


ボーイズラブ ボーイズラブ小説 ボーイズラブゲーム ボーイズラブ漫画 ボーイズラブ検索 ボーイズラブサーチ ボーイズラブ双子 ボーイズラブアニメ ボーイズラブコミック ボーイズラブリンク ボーイズラブイラスト ボーイズラブサイト ボーイズラブやくざ ボーイズラブ出版社 ボーイズラブ動画 ボーイズラブweb ボーイズラブdvd ボーイズラブ作家 ボーイズラブ読む ボーイズラブjin ボーイズラブオリジナル ボーイズラブ吸血鬼 ボーイズラブ雑誌 ボーイズラブ同人誌 健気受け ボーイズラブ書評 ボーイズラブランキング ボーイズラブ新刊 ボーイズラブ古本 ボーイズラブドラマcd ボーイズラブ本 買取 ボーイズラブ弟×兄 ゲーム ボーイズラブリンク集 ボーイズラブ売買 ボーイズラブ掲示板 花 pcゲーム ボーイズラブ投稿 ボーイズラブ用語 ボーイズラブ調教 ボーイズラブ鬼畜 ボーイズラブゲームメーカー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。